blog, 治療報告, 顧問がトレーナー

『すべり症』が原因の『脊柱間狭窄症』から復活!(^o^)/

病院のMRIの検査で、『腰椎すべり症&脊柱間狭窄症』と診断され、大好きなジムも休まざるを得なくなってしまっていたKさん。

今では腰痛と坐骨神経痛がかなり回復したのでジムにも復帰してもらい、久し振りの海外旅行も痛み無く楽しんできてもらうことが出来ました(^o^)

体調も良く元気に生活されていたKさん、ある時右側の腰とお尻の痛みだけでなく、足全体にも痺れが出てきたので、怖くなって病院に検査に行かれました。

X線の検査では“骨のズレ”と言われ、MRIを撮ると『腰椎すべり症からくる脊柱間狭窄症』と診断されました。

病院のリハビリでは、“けん引”“ホットパック”“電気治療”“マッサージ”を行いましたが全く効果が出ませんでした

治療は10日に1回のペースで1時間の下半身しっかり治療、腰~足の悪い部分を中心に指圧治療を行いました。

DSC_0888

3回目までの治療では、治療直後は楽だがすぐに戻ってしまう状態が続きました。

しかし、4回目以降は治療直後だけでなく、次の日も楽であったり2日間楽であったりと、治療の効果が長持ちしていくような変化をしていきました。

7回目の治療の頃には、普段感じる痛みの度合いが随分と軽くなったのでKさんも自然と久し振りにジムにも行ってみようと言われれる様になりました。

大体の腰痛の場合、それくらいの状態まで回復すると、運動することでより良い状態に変化してくれることが多いので、思い切ってジムに復帰してもらうことにしました。

思った通りジムに復帰しても全く悪くならなかったので、治療の回数も月に2回に減らし元通りのペースでジムに通える状態まで回復してくれています。

Kさんは腰痛から復活しただけでなく、原因不明のめまいも治療に来てから随分と良くなり「悩んでいた目まいまで治るなんて思いもしてなかった!!」と非常に喜ばれていました(^o^)

『腰椎すべり症』『脊柱間狭窄症』この2つの症状に対して、病院できつい症状の方は手術をしてもらえます。

でも、「私は手術するほどは悪くないのでは??」「手術は出来ればしたくない!!」と思っている方は病院では満足いく治療を受けれていないのが現実です。

腰痛で悩んでいる方々、川本治療所に来て治療にチャレンジしてみませんか??そうすれば、今までの悩みや痛みのの苦労から脱出できる可能性は十分にあると思います(^o^)/

是非、一度気軽にお問い合わせください(^o^)

**********************************************

西宮・芦屋・宝塚で膝改善の事なら川本治療所
TEL:0798-33-4557

**********************************************

2015-12-12