blog, 日常

腰痛の真犯人はストレス!!??

腰痛の主な原因は『椎間板ヘルニア』である!!

と言うイメージを持たれている方が多いと思いますが、実はその考えは大きな誤解であるという発表が最近よくされています。

ある調査では、腰痛の原因が『椎間板ヘルニア』だと特定できるのはたったの5%で、85%の腰痛の原因が特定できなかったとされています。

腰痛の本当の原因

5%・・・椎間板ヘルニア

9%・・・脊柱管狭窄症・圧迫骨折・すべり症など

1%・・・腫瘍・感染症など

85%・・・原因不明

85%にはMRI画像では異常なし、椎間板ヘルニアの手術をしたのに痛みが消えない、正確な判断が難しい筋肉のこりによる痛みもこの中に含まれます。

ようするに、腰痛を抱えているうちの85%の患者さんは病院で診察を受けても「異常なし」と診断を受けるのです。

これについて専門家が10年以上研究を続けて分かったのは、痛みの原因が腰そのものにあるのではなく、脳にある場合があるということでした。

ストレスを感じると脳に血流低下がみられ、とくに脳の“側坐核”と言う部分の働きが低下しているという報告があります。

“側坐核”は“オピロイド”という鎮痛作用のある物質が出る場所なので、その働きが低下することで痛みが感じやすくなる。これがストレス性腰痛の仕組みです。

確かに、「ペットを飼い始めたら腰痛がなくなった!」「子供の受験が成功したら腰痛がなくなった!」「嫁ぎ先の慣れない環境から、しばらく実家に帰ったら腰痛がなくなった!」など、生活環境や状況が変わるとともに腰痛がなくなるケースは『ストレス性腰痛』と言えるでしょう。

ただ、原因不明の腰痛を簡単に『ストレス性腰痛』と決め付けてはいけません!!

画像診断で“原因不明”と診断を受けても、我々が手で身体を触ると画像診断以上に身体の痛みの原因を発見できることは数多くあるからです!!

腰痛の痛みの原因を探る上で、一番大事なことは“身体を触る”ことだと思います。腰痛に限らず、身体に違和感や痛みが出た際はまずはしっかりと身体を触って原因を探ってくれる良い治療院に行くことが、ちゃんとした治療をしてもらえる第一歩だと思います!(^o^)/

**********************************************

西宮・芦屋・宝塚で膝改善の事なら川本治療所
TEL:0798-33-4557

**********************************************

2016-03-26