blog, 治療報告, 顧問がトレーナー

外反母趾の痛みから見事に復活\(^o^)/

未来のバレリーナを目指して頑張り続けてきたKさん、身体が週5のレッスンに耐え切れなかったのか、足に出た痛みがどこに行っても治らないということで川本治療所に来院してくれました。

Kさんの一番の悩みは“左の外反母趾”です。

足を見ると、明らかに右足よりも左足の親指が腫(は)れていて、踊るどころか歩くだけでも痛そうな足の状態(^^;

しかも、左足の痛みをかばって練習しているせいか、膝の痛みも同時に出始めているというのです。

60分の下半身集中治療の中では、Kさんの下半身に溜まっている疲れを流すことにひたすら専念!!

1回目の治療だけでは、外反母趾の痛みは取れていませんでしたが、来た時の両膝の痛みは動いてもスッキリと消えていたのでとても喜んでくれました!(^o^)/

また、治療に来れない日には家で足の疲れをとる“自己指圧”をやってもらおうと思い、治療後に居残ってもらい皆で一緒に練習してみました。

3回目の治療に来た時には、Kさん本人は「まだ少し痛い!」と言っていましたが、いつも見てくれいるお母さんは「前より明らかに『痛い!』と言う回数も減り、かばっている感じもない!」回復を感じてくれていました。

5回目の治療の時には、「足の親指も痛くないし、最近は膝も痛くならなくなった!!」とKさん自身も痛みが無くなったことをとても喜んでくれていました。(^o^)

DSC_0537

写真:“家でできる外反母趾治療”を覚えて帰ってもらうための居残りで自己指圧の授業☆

『外反母趾』という名前を病院や整骨院で付けられても、原因や痛みの理由というのは人それぞれ違います。

きつい変形をともなうなど、すべての外反母趾の痛みが取れるとは言えませんが、「外反母趾だから痛くても仕方がない!」と諦める必要はありません。

特に、小・中学生などの若い世代の痛みは十分に取れる可能性があります!!

長年外反母趾の痛みをかばっていると、いつか“膝”“腰”や“股関節”に痛みが出てくる可能性が高いです。

それを防ぐためにも、外反母趾に限らず、今感じているからだの“痛み”や“違和感”を早いうちに治しておくことが絶対必要です!!

**********************************************

西宮・芦屋・宝塚で膝改善の事なら川本治療所
TEL:0798-33-4557

**********************************************

2016-04-11