コンセプト

『おばあちゃんの痛そうに歩く姿は見たくない!!』(変形性膝関節症・股関節痛)

 

『お父さんもずっとゴルフをしていたい!!』(脊柱管狭窄症・腰椎ヘルニア)

 

『大人も子供も綺麗な脚になりたい!!』(O脚・X脚・足のむくみ)

 

『自分のしんどい腰・膝・足を治したい!!』(腰痛・坐骨神経痛・膝痛・スポーツ外傷)

 

この4つの症状のすべての共通点は……

つま先が閉じている

ということ。

つま先を開く(足首・股関節の角度を変える)

ことにより、改善されていきます。

では、つま先が閉じている・つま先が開いているとは、一体どういった状態のことなのか実際の写真で見ていただきましょう。

toji
hira

上の写真がつま先が開いた状態で、下の写真がつま先が閉じてしまった状態です。

この違いは一目瞭然ですね?
つま先が閉じてしまった状態では、腰・膝にかかる負担が多く、それに伴って猫背・O脚まで様々な症状が出てきてしまいます。
つま先を開くことによりこれら全ての改善ができるのです。

 

とにかく、健康な脚を作るには

『つま先を開く』

ことです。

 

実際の患者様の症例をご覧いただきましょう。

oda1

川本治療所オリジナルの治療+トレーニングをすることにより、
このようにつま先が開いた状態に保つことができます。

※この治療後の正しい『つま先』の向きを『川本ポジション』と呼び、川本ポジションをとることで理想的な足関節・股関節の角度(位置)が生まれます。

 

『つま先』の向きを正しい『川本ポジション』の角度に変えていくことで、

『つま先』 → 足首 → 膝関節 → 股関節 → 骨盤 → 腰椎

の順で痛みの原因となる『関節のねじれ』や『骨盤前傾の角度』、が戻り様々な下半身の痛みが改善していきます。

川本治療所では『川本ポジション』を維持し、さらに痛みをとるために

①脳に正常位置(股関節・足首)を憶えこませる反復ストレッチ
②正常位置(股関節・足首)を保持するための筋肉トレーニング
③患部の痛みをとるための指圧療法

これら3つを組み合わせて治療を行います。

今まで戦い続けてきた痛みとの戦いにピリオドを打ちませんか?

まずは10回のチャレンジから!!